Home » メンバー紹介

メンバー紹介

当講座の研究者と大学院生を紹介します。

過去のメンバーはこちら→

教員

結城雅樹

教授|社会心理学、文化心理学

比較社会生態学の観点から、社会の様態が人々の心と行動に与える影響の解明を進めています。

高橋伸幸

准教授|社会心理学

マイクロ・マクロ社会心理学の考え方をバックボーンとしつつ、人間の社会について、適応論的観点から研究を行っています。

大沼進

准教授|環境社会心理学

社会全体での公共的意思決定を要するテーマに関する合意形成や社会的受容に向けた社会心理学的アプローチ。中でも、社会的ジレンマ、手続き的公正、リスクガヴァナンスや信頼などを中心に扱っている。

高橋泰城

准教授|行動神経経済学・量子意思決定理論

経済学的意思決定(不確実性下の意思決定や異時点間の選択・時間割引、社会的決定など)を、神経科学・心理 物理・量子・情報理論などをもちいて定式化し、意思決定の分 子・神経機構を解明することを進めています。

masanori-takezawa

竹澤正哲

准教授|社会心理、文化進化論

今、世界では、進化という視点を取ることによって、自然科学と接合した新しい社会科学を構築する営みが急速に進展しています。まだ名がないこの新しい学問を、私は進化社会科学と呼んでいます。私はこの潮流の中で、理論と実証の双方から研究を行なっています。

ayaka-takimoto

瀧本彩加

准教授|比較認知科学

社会的な動物が仲間と助け合って生きる力とそれを支える心理的基盤、それらの進化・発達の道筋について、比較認知(発達)科学的の視点から探っています。

akira-nakajima

中島 晃

助教|応用統計学

複雑な実験・調査データから、情報を簡潔に抽出するための統計的な分析方法、およびそのプログラムの開発。

村田明日香

助教|教育学、事象関連脳電位

脳波という電気生理学的アプローチを用い、私たちの心の社会性の解明に取り組んでいます。特に現在は、他者存在が意識的・無意識的制御へ与える影響を明らかにするための研究を行っています。

博士研究員

Robert Thomson

学振外国人特別研究員

社会生態学的アプローチを用いて、SNS利用者のオフラインの対人環境がオンラインの情報行動を如何に影響するかを探る研究を行っています。

Christopher Kavanagh

客員プレドク研究員
オクスフォード大学(英国)

My current research is focused on exploring the cognitive features underlying the acquisition and transmission of rituals using cross-cultural and quasi-experimental methods.

小野田竜一

専門研究員

僕の研究テーマは、一般交換(人々が他者に一方的な利他行動をとっている状況)の成立における集団の役割を解明することです。

稲葉美里

博士研究員

必要な資源をお互いに提供し合う社会的交換が成立する仕組みと、それに関連する心の働きを、実験やシミュレーションを用いて研究しています。

大学院生|博士後期課程

佐藤 浩輔

多様な利害や価値をもつ人々の間でどうやって合意を形成し、意思決定を行なっていくかについて研究しています。

中分 遥

社会心理学・認知科学:「集合知」や「文化の累積的進化」といった集団レベルの創発特性に関心があります。

山田 順子

社会環境と個人特性との交互作用が、対人関係における人々の対人感情や対人方略に与える影響を研究しています。

土田 修平

コンピュータ・シミュレーションや集団実験を用いて、協力行動と罰の進化について研究を行っています。

須山 巨基

学振特別研究員(DC1) 人間の知識文化の発展を支える心と社会のメカニズムとその進化的ルーツの解明。

金城 卓司

人間の意思決定における合理性 / 非合理性に関して、理論と実証の双方から研究を行っています。

金 惠璘

集団意思決定が適応的に機能するためにはどのような条件が満たされなければいけないかという問題に対して関心を持ち、集団知のアルゴリズムを探る研究を行っています。

大学院生|修士課程

式部 真奈

電気生理学的アプローチを用いて、不快情動の脳内処理における無意識的な社会的影響に関する研究をおこなっています。

小林 翼

省エネルギー行動を人々に促進させるための要因を調べるため、フィールド調査やWebアンケートを用いた研究を行っています。

徳田 真佑

人の異時点間選択(ある時点での選択が将来に影響するような意思決定)に興味を持ち,行動経済学的に研究しています。

山本 翔子

社会生態学的アプローチを用い、犠牲を伴う功利主義判断(例: 1人を犠牲にして5人を救う等)の文化差が何故生じるのかを研究しています

喜多 敏正

社会的規範の獲得や内面化に関心をもっており、現在は文法学習との対比という視点から規範の帰納的学習に関する研究をおこなっています。

山縣 豊樹

社会神経科学を学んでいます。特に、社会的排斥(仲間外れ)状況における情緒的サポートの作用に関心があり、研究を行なっています。

大学院研究生