行動科学講座卒業生(論文執筆当時文学部行動科学研究室4年生)の足立千尋さんと大沼進教授の共著論文が、廃棄物資源循環学会の令和3年度論文賞(和文)を受賞しました。おめでとうございます。

この賞は、廃棄物資源循環に関する専門分野について、独創的な研究開発ならびに技術に関する論文の発表により、当該学術・技術の進捗発展に顕著な功績があった者に授与されるものです。

受賞対象となった論文は以下の通りです。

足立千尋、大沼 進
レジ袋有料化に伴うコンビニエンスストアにおけるレジ袋辞退率の変化
―札幌市における店頭観察調査―
廃棄物資源循環学会論文誌(2021). 32巻, pp.65-71.

DOI https://doi.org/10.3985/jjsmcwm.32.65

こちらからご覧下さい。

5月26日の学会総会にて授賞式があり、大沼教授が受賞講演をおこないました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA