結城雅樹ゼミ(社会生態心理学研究室)高橋伸幸研究室大沼進ゼミ(環境社会心理学研究室)高橋泰城ゼミ竹澤正哲研究室瀧本彩加ゼミ(比較認知(発達)科学研究室)中島晃研究室村田明日香研究室
私たちが他者と共同して作り上げている「集団」や「社会」には多様性があり、それぞれに特徴があります。それでは、集団や社会の特性は、そこに暮らす私たちの心理や行動にどのような影響を与えるのでしょうか。結城雅樹教授をリーダーとする当研究グループでは、比較文化心理学・行動生態学・認知人類学などの理論と方法を融合させ、国際比較や実験などの手法を用いた検討を行っています。
マイクロ・マクロ社会心理学の考え方をバックボーンとしつつ、人間の社会について、適応論的観点から研究を行っています。テーマは、協力行動、社会的ジレンマ、公正感などです。研究手法としては、モデル研究、実験室実験、質問紙調査などを主に用いています。
大沼進准教授をリーダーとして、一人ひとりの行動と社会全体との関係を紐解きながら、環境政策などの実践的な提言につながる実証的な研究を行っています。NIMBY問題、エネルギー問題、環境政策などのテーマについて、事例調査だけでなく、ゲーミングや実験などを用いた複眼的アプローチをしています。
ゼミ生も参加して海外の神経科学、経済学、コンピュータ科学の拠点と共同研究を行っている(国内:東京大学、順天堂大学、NICT、物材研、海外:フランス・Neurospin、スペイン・アルメリア大学、米国・ヒューレット・パッカード研究所など)と共同研究を行っている。
人間の心は進化を通して形作られた適応的な認知システムであり、社会や文化は、このシステムを持つ個人間の相互作用から創発する現象です。私達の研究グループでは、進化という枠組みを基盤に据え、適応的合理性、学習の進化的基盤、集合知、科学の累積的な文化進化、社会規範の生成と維持などについて研究(実験室実験、コンピュータ・シミュレーション、数理モデル)を行なっています。
リーダーの瀧本彩加准教授の当研究室では、他者とかかわる動物のこころがどのように進化・発達するのかを、行動観察・実験、生理指標の測定、遺伝子解析などを駆使して、多角的に検討しています。特に、現在は、ウマを中心とした伴侶動物が同種または異種のヒトとつむぐ絆の心理的基盤に注目しています。
複雑な実験・調査データから、情報を簡潔に抽出するための統計的な分析方法、およびそのプログラムの開発を行っています。
私たちの"目に見える"言動の背景には、それを生み出す"目には見えない"脳のはたらきが存在します。村田助教の研究グループでは、顔認知、社会的排斥や情動制御等、ヒトの社会的行動に関わる脳のはたらきについて、脳波の一種である事象関連脳電位というモノサシを用いた社会神経科学的研究を行っています。