q |SAGE賞受賞論文のご案内| - 北海道大学 社会科学実験研究センター CERSS
 

2016 SAGE-Hokkaido Award for Best Journal Article in Social Sciences(2016年度 SAGEー北大 社会科学国際優秀論文賞)の受賞論文が決定しました

このたび、北海道大学社会科学実験研究センターとSAGE Publications
Asia-Pacificとの共催による、本学大学院生を第一著者とする人文社会科学系分野の国際論文賞の受賞論文(2016年度)が、下記の通り決定しました。

受賞者

稲葉 美里 氏(北海道大学 文学研究科 専門研究員)

*論文受理時の身分は北海道大学 文学研究科 博士後期課程 人間システム科学専攻 D3

受賞論文

標題:Robustness of linkage strategy that leads to large-scale cooperation.

著者:Inaba, M., Takahashi, N., & Ohtsuki, H.

掲載誌:Journal of Theoretical Biology, 409, 97-107.

受賞理由:協力の進化は、社会科学・自然科学における過去数十年に渡る最重要課題の一つである。本論文は、人間社会(特に近代以前の共同体型社会)における協力の存在を説明しうるメカニズムとして近年特に注目を集めている「連結」linkageと呼ばれるメカニズムに着目し、その成立要件を探ったものである。人間の認知能力の限界がもたらすノイズを考慮に入れた上で、数理解析とコンピュータシミュレーションを用いて、連結が協力の進化的基盤となりうるための境界条件を理論的に明らかにし、理論生物学のトップジャーナルの一つに掲載された本論文は、文理にまたがる人間科学諸領域に対して強いインパクトを持つものであると評価した。

審査員一覧

結城雅樹(委員長、センター長、文学研究科教授)
尾崎一郎(兼務教員、法学研究科附属高等法政教育研究センター教授)
河西哲子(兼務教員、教育学院准教授)
竹澤正哲(兼務教員、文学研究科准教授)

授与式

日時 2017年3月16日(木) 11時00分〜

場所 北海道大学文学研究科2階 小会議室

本賞の受賞者に対し、賞状および副賞1千USドル相当の日本円を授与します。また受賞者は、2017年度中に本学キャンパスで行われるSAGE Publications Asia-Pacificの担当者との茶話会に出席することができます。

結城雅樹センター長より、稲葉美里さんに賞状と受賞証明書が贈られました。

受賞者の稲葉さんからは、「Journal of Theoretical Biologyは純粋な社会科学系雑誌ではないが、逆に社会科学の発展に貢献出来ると考えて投稿した。本受賞を励みに、今後も研究に邁進したい。」とのお言葉をいただきました。

本日の授与式には、結城センター長はじめ、社会科学実験研究センター兼務教員である中島晃助教、文学部渡邊事務長、URAステーションの高木由紀さんにご参加いただきました。


問い合わせ先  北海道大学社会科学実験研究センター (担当:村田)
Email: cerss@lynx.let.hokudai.ac.jp