| 2015.9.21 |

北海道大学大学院文学研究科行動科学システム講座の北梶陽子さん(博士課程3年)と大沼進准教授の論文「北梶陽子・大沼進 (2014.4). 社会的ジレンマ状況で非協力をもたらす監視罰則―ゲーミングでの例証」が日本心理学会優秀論文賞を受賞しました。

大沼准教授のホームページはこちらからご覧ください。